ふくいアグリネット>稲作情報

No.9
since 2006.5.25
last_update 2006.7.28
〜稲作情報について〜
稲作情報は、安定した稲作の参考としていただくために、編集しております。なお、編集につきましては、県内代表地点における生育調査結果と気象情報を参考にしております。


稲作情報作成委員会、水田農業レベルアップ委員会技術普及部会
                 (農業試験場農業技術経営課農畜産課JA経済連)より
ふくいアグリネット。へ
■お問合せ先
・具体的相談は、最寄の農業経営支援部課、またはJA(JA福井県中央会のリンク集をご参考ください)にお問合せください。
今回のポイント
◎穂いもちの注意報発令中! 防除を徹底 !!
◎カメムシ類の生息密度は高い!
  中生品種も含めた防除の徹底を !!

現 況
気象の概要(7月12日〜7月27日、福井地方気象台)
1)
2)
3)
平均気温は24.8℃で、平年より1.1℃低かった。
日照時間は2.7時間で平年の約1/2、日射量は12.7MJ/u/日で平年比75%とそれぞれかなり少なかった。
降水量は534mmで、平年の5倍以上と著しく多かった。

生育状況稲作生育診断システムの現在の生育メニューで確認できます。)
1)
出穂期
 ハナエチゼンの連休田植えでの出穂期は、早い地域では7月15日頃から、大部分の地域では7月20日前後であった。5月中旬移植では、7月25日前後の出穂期となっている。
 コシヒカリでは、早いところではすでに7月26日頃に出穂期となっているが、大部分の地域では連休田植えで7月28日〜8月初めの出穂を予想している。遅植えや山間地では8月5日前後、直播栽培では地域や播種時期によって8月3日〜15日頃の出穂期と予想されている。イクヒカリの出穂期は、コシヒカリより1〜2日早まる見込みである。
 特にコシヒカリでは、幼穂形成期のばらつきが大きいため、出穂期のばらつきも大きいと見られる。移植時期がほぼ同じでも、5月の寡日照期の活着や初期生育の良否がその後の発育にも影響した結果とみられる。総じて近年10年間の平年値に近い7月29日頃の出穂期と予想される。
2) 生育状況
 草丈は、コシヒカリを中心に平年より短い。下位節間長(N3+N4)も短く、昨年のような著しい倒伏は少ないとみられる。しかし、一部の遅植えや直播では草丈がやや長い。ハナエチゼンではほぼ平年並からやや短めである。
 茎数は、品種によって傾向が異にしている。ハナエチゼンでは平年並からやや多いとする地域が多い。一方、コシヒカリの5月上旬植えでは平年並からやや少ないが、遅発分げつが十分に整理されていない直播や遅植えでは、茎数が多い圃場もある。
 葉色は、ハナエチゼン、コシヒカリともにほぼ平年並からやや淡い。これは、穂肥施用時期の降雨により作業のタイミングが取れなかったためとみられる。

病害虫の発生状況
1)

病 害
 7月下旬の葉いもちの発生面積は1,287haで、前年より多いが平年の7,040haに比べて著しく少ない。一方、紋枯病の発生面積は3,211haで、前年より少ないが平年の2,213haに比べると多い。
2) 虫 害
 斑点米カメムシ類の生息密度は依然として高く、中でもホソハリカメムシやカスミカメ類の発生数が多い。発生消長から見て、コシヒカリなどの中生品種でも早生同様の防除対策が必要である。休耕田や大麦後などの雑草地が生息場所となっている。
 ニカメイチュウの発生は坂井地域を中心に平年並で前年より少ない。イネアオムシは平年より多く前年より少ない。局部的に多発している。ウンカ・ヨコバイ類の発生は少ない。

対 策
水管理
 間断灌漑を収穫5日前まで徹底することが、良質米生産の大きなポイントである。
1)  夏期の圃場からの蒸発散量は、1日あたり7mm程度であるが、フェーン現象など高温、乾燥、強風が著しい場合には20mmにも達する。このため、3日に1回程度の灌水が必要であり、フェーン時には一時的に湛水する。灌水にあたっては、排水路側まで見回りして均一に水が行きわたるようにする。 
2)  水不足地域では、地域内で話し合い、水系別の計画的な配水や節水、取水制限、排水の再利用等を検討する。また、水田の畦畔や水尻部からの漏水がないよう、止水対策を十分にする。

病害虫防除
1)  穂いもちの注意報が発令されている。出穂期前後に雨が多いと発生しやすいので、出穂直前と穂揃期の2回、粉剤で防除する。
2)  カメムシ類の防除に当たって、地域の優占種を確認しておく。防除時期は、カスミカメ類は穂揃期、トゲシラホシカメムシやホソハリカメムシは傾穂期から乳熟期が第1回目防除時期である。第2回目防除時期は糊熟初期とする。発生数が多い場合には収穫7〜14日前に3回目の防除が必要である。早生品種だけでなく、中生のコシヒカリやイクヒカリでも防除を徹底する。
 カメムシ類の種類によって薬剤の効果が異なるので注意する。種と薬剤の関係については防除指針を参照にする(p30)。スタークル、アルバリン粒剤は、出穂後7日に湛水して散布する。クモヘリカメムシに対しては、MRジョーカー粉剤の効果が高いといわれている。
3)  紋枯病の病斑が上位葉鞘に進展しやすい時期であるので、穂ばらみ期と穂揃期の2回、粉剤で防除する。前年発生が多かった圃場、茎数が多い圃場、葉色が濃い圃場、イクヒカリを栽培している圃場では必ず防除する。また、倒伏のおそれがある圃場や発病株率が早生で10%以上、中生で20%以上ならば必ず防除する。
4)  ニカメイチュウの防除適期は8月初めである。イネアオムシも過繁茂圃場や直播、遅植え圃場では防除を徹底する。

イクヒカリの管理
 出穂後のイクヒカリは止葉が長く、穂が隠れる草型となる。また、成熟期にかけて止葉の葉色が落ちにくい。このため、成熟期の確認が難しいので、籾の色を確認して収穫時期を判定する。イクヒカリの成熟期は、おおむねコシヒカリと同じかやや早い。

上記の詳しい資料はこちら (PDF:35KB) i稲作情報QRコード
↑携帯電話から
 掲載記事は、PDFファイルを使用しております。PDFファイルをご覧いただくためには、アドビシステムズ社Adobe Reader が必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、こちらよりダウンロードしインストールして下さい。
No1(5月25日)分 No2(6月1日)分 No3(6月8日)分 No4(6月15日)分 No5(6月22日)分
No6(6月29日)分 No7(7月6日)分 No8(7月13日)分

2002年稲作情報へ
2003年稲作情報へ
2004年稲作情報へ
2005年稲作情報へ

ふくいアグリネット。へ

お問合せはnoshi@.pref.fukui.lg.jp

〒918−8215 福井県福井市寮町辺操52-21 
 福井県農業試験場  企画・指導部
   TEL:0776-54-5100 FAX:0776-54-5106