ふくいアグリネット>稲作情報

No.8
(7月12日 調査結果より)

since 2006.5.25
last_update 2006.7.13
〜稲作情報について〜
稲作情報は、安定した稲作の参考としていただくために、編集しております。なお、編集につきましては、県内代表地点における生育調査結果と気象情報を参考にしております。


稲作情報作成委員会、水田農業レベルアップ委員会技術普及部会
                 (農業試験場農業技術経営課農畜産課JA経済連)より
ふくいアグリネット。へ
■お問合せ先
・具体的相談は、最寄の農業経営支援部課、またはJA(JA福井県中央会のリンク集をご参考ください)にお問合せください。
今回のポイント
◎カメムシ注意報発令中!! 防除の徹底を!
◎穂肥をしっかり施用!!
  コシヒカリの第2回目は基準量 !
  イクヒカリは施肥量を守り、葉色を落とさない !

現 況
気象の概要(7月5日〜7月11日、福井地方気象台)
1)
2)
3)
平均気温は25.5℃で、平年に比べ 1.3℃高かった。
日照時間は2.3時間と平年の60%以下、日射量は12.6MJ/u/日で平年の85%といずれも少なかった。
降水量は28.0mmで、平年の44%とかなり少なかった。
 今後も日射が少ない気象条件が続く予想である。これまでの梅雨期間の降水量はかなり少ない。

生育状況稲作生育診断システムの現在の生育メニューで確認できます。)
1)
コシヒカリ
 幼穂も発育が進んでおり、5月上旬の移植では幼穂形成期を過ぎている。5月2日播種の農試直播コシヒカリの幼穂形成期は、7月11日であった。
 5月5日頃までの移植では、草丈は依然として短く、茎数、葉色はほぼ平年並である。葉令はやや遅れている。農試気象対策試験の幼穂形成期乾物重は平年並である。
 5月中旬移植では、前年より草丈は短く、茎数はやや少なく、葉令はやや遅れ、葉色は前年並である。
 直播でも草丈は前年より短く茎数は前年に近い。葉色は前年並だが葉令はやや遅れている。生育量は前年より小さめである。
2) ハナエチゼン
 止葉が抽出して出穂期が近い。農試4月25日植えのハナエチゼンの出穂は、前年よりやや遅い。
 草丈はほぼ平年並で、茎数は平年よりやや多く、葉色はやや淡い。
3) イクヒカリ
 生育もほぼコシヒカリに近い。ただし、幼穂の発育はやや早く、葉色はやや淡い。

病害虫の発生状況
1)

斑点米カメムシ類
 7月上旬の雑草地の草刈調査およびすくいとり調査では、斑点米カメムシ類の密度は平年並で前年より少ない。しかし、気象条件はカメムシ類の発育に好適な条件が続く予想である。カスミカメ類の第2世代成虫の発生最盛期は平年よりやや遅い7月下〜8月初めと予想され、出穂期が近い早生品種だけでなく、コシヒカリでも注意が必要である。
2) 葉いもち
 嶺南地域を中心に、葉いもちの発生が認められている。出穂期頃に降雨があると穂いもちに移行するので、上位葉に葉いもち病斑の見られる圃場や葉色の濃い圃場では要注意である。
3) その他の病害虫
 紋枯病の発生は現時点ではやや遅れ、平年より少ない。また、ニカメイチュウの発生も、前年並みで平年より少ない。イネアオムシの発生が多く、平年、前年より多い。イネツトムシは平年、前年より少ない。ツマグロヨコバイ、セジロウンカの発生は少ないが、ヒメトビウンカの発生は平年より多い。コバネイナゴの発生も各地で認められている。

対 策
移植栽培(5月上旬移植)
1) 斑点米カメムシ対策
 出穂期以降の草刈りは、カメムシ類の圃場侵入を助長するので注意する。薬剤散布は、穂揃期〜乳熟期と糊熟期(出穂10〜14日後頃)の2回、畦畔も含めて防除する。出穂の早い圃場や雑草の多い圃場では斑点米が多くなるので、防除を徹底する。粒剤(スタークル粒、アルバリン粒)の使用にあたっては、植防指針や発生予察注意報等を参考に、剤の特性を十分に理解して適切に散布する。
 麦跡や休耕田などでは、ハナエチゼンが隣接水田にある場合には殺虫剤を散布し、それ以外の品種なら耕起するなどして、生息しているカスミカメ類の密度を低下させる。 
2) 穂 肥
 コシヒカリやイクヒカリの第2回目の穂肥は、できるだけ基準量施用する。1回目の穂肥の肥効が出ない場合は、2回目に予定より増施する。また、基肥一括施肥で栽培している場合も、穂肥2回目の時期に葉色が4.5以下の場合には、速効性肥料を窒素成分で1kg/10a程度追加施肥する。
 出穂後の高温や胴割米、背白・基白米の発生軽減のために、穂揃期の葉色は5.0程度とする。
3) 穂いもち予防
 葉いもちの発生している圃場は、出穂期までに必ず防除しておく。
 上位葉に葉いもち病斑が見られる圃場、葉色の濃い圃場は出穂直前と穂揃期の2回、必ず穂いもちの防除を行う。特に1回目の防除時期が遅れないようにする。葉いもちの発生していない圃場でも、出穂期頃と穂揃期にカメムシ類との同時防除を行う。
4) その他病害虫
 紋枯病の発生している圃場では、出穂前に穂いもちとの同時防除を行う。出穂後雨が多い場合には、穂揃期にも紋枯病の防除を行う。イクヒカリでは必ず防除する。
 ニカメイガの発生の多い圃場は、成虫が飛ぶ7月末から8月初め頃にかけて粉剤で防除する。出穂の遅い圃場では要注意。
 遅植えや葉色の濃い圃場では、イネアオムシの発生密度に応じて7月中下旬に防除する。
5) 倒伏軽減対策
 スマレクト粒剤は出穂前15〜10日、ビビフル粉剤は出穂前10〜5日が散布適期である。草型などから明らかに倒伏が懸念される圃場では、早めに倒伏軽減剤を施用する。
 足が沈まない程度まで中干しされていない圃場では、出穂期までに干し上げる。出穂後の落水は品質低下の大きな要因となるので、できるだけ避ける。
6)  出穂期頃のフェーン時には、褐変籾による茶米の発生防止のために深水管理とする。ただし、フェーンが止み次第すぐ落水する。

移植栽培(5月中旬以降移植)
1)  中干しが十分でない圃場では、出穂期までに干し上げる。
2)  幼穂長10〜15mmを確認して穂肥を施用するが、草型が乱れている場合には倒伏軽減剤の施用を検討する。
3)  葉いもち、紋枯病が多発しやすい。また、イネツトムシ、ニカメイチュウも発生しやすいので、5月上旬植えに準じて防除する。

直播栽培
1)
2)
 中干しが十分でない圃場では、出穂期までに干し上げる。
 5月初めまでに播種されたコシヒカリでは、幼穂形成期頃となっている。幼穂形成期の草丈(cm)×茎数(本/u)×葉色(群落)が14万以上の場合、倒伏軽減剤の施用を考慮する。
3)  分施の場合、穂肥は幼穂長10〜15mmを必ず確認して施用する。平坦地での穂肥1回目の施用量はN成分で2kg/10aを基準とするが、草丈や茎数が多い場合には施用時期を遅らせ減量する。第2回目穂肥はできるだけ基準量(N成分2kg/10a)施用する。基肥一括施肥の場合でも、第2回目施用時に葉色が4.0以下なら速効性肥料を追肥する。
4)  葉いもち、紋枯病およびイネツトムシ、ニカメイチュウなどが多発しやすいので、それぞれ移植栽培に準じて防除する。

イクヒカリの管理
1)
 コシヒカリよりやや葉色が淡いが、葉色が4.0以下と極端に葉色が落ちている場合には、第2回目穂肥量をやや増肥する。基準量は窒素成分で2kg/10aである。出穂期の葉色をコシヒカリより淡くしない。
2)  紋枯病に罹病しやすいので、発生の兆候を認めたら防除する。特に茎数が多い圃場では要注意である。
3)  その他の害虫については、コシヒカリに準じて防除する。
上記の詳しい資料はこちら (PDF:443KB) i稲作情報QRコード
↑携帯電話から
 掲載記事は、PDFファイルを使用しております。PDFファイルをご覧いただくためには、アドビシステムズ社Adobe Reader が必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、こちらよりダウンロードしインストールして下さい。
No1(5月25日)分 No2(6月1日)分 No3(6月8日)分 No4(6月15日)分 No5(6月22日)分
No6(6月29日)分 No7(7月6日)分

2002年稲作情報へ
2003年稲作情報へ
2004年稲作情報へ
2005年稲作情報へ

ふくいアグリネット。へ

お問合せはnoshi@.pref.fukui.lg.jp

〒918−8215 福井県福井市寮町辺操52-21 
 福井県農業試験場  企画・指導部
   TEL:0776-54-5100 FAX:0776-54-5106